あの懐かしいケーキが!練馬春日町「マルセラン」 懐かしいモンブランケーキ 懐かしい ケーキ

画像をクリックすると拡大します

懐かしいモンブランケーキ

練馬区にある美味しいケーキ屋を紹介する「練馬のおすすめスイーツ」が送る、「練馬のケーキ屋さん人気ケーキ特集!!」

今回は、今年で創業50年の老舗洋菓子店「マルセラン」。
池袋から練馬区田柄の現在の地に移ってからは43年が経ちました。住宅街にあるケーキ屋さんですが、地元ファンが多く通う知る人ぞ知る名店です。「マルセラン」のオーナー市川シェフにその魅力を伺ってみました。

「父の代からずっと変わらない味、変わらないケーキをお出ししていますが、それは「マルセラン」に来て下っているお客様が求めていらっしゃるから。私が作るイマ風のケーキも出していますが、昔ながらの定番ケーキを求めるお客様が多いのです。ショートケーキや、アップルパイ、モンブランなどは今でも父のやっていたレシピで作っています」

昔ながらのケーキ「モンブラン」  330円+税


「モンブラン」はこれじゃなくちゃ!昔、食べたことのある懐かしい味に心も和みます。ふわふわのスポンジとマロンクリームの甘さもあの頃の味。銀色のホイルに包まれているところも懐かしさに色を添えています。おしゃれな現代風ケーキもいいけれど、こんな昔ながらの懐かしい味わいが食べたい時もあるでしょう。そんな時こそ「マルセラン」のケーキがおすすめです。

「マルセラン」
練馬区春日町4丁目19-16
定休日  火曜日
営業時間 10:00~20:00
電話  03-3998-5257
FAX   03-3825-8106

あの懐かしいケーキが!練馬春日町「マルセラン」 懐かしいモンブランケーキ 懐かしい ケーキ

画像をクリックすると拡大します

「マルセラン」の人気ケーキ・ミルフィーユ

「“和風洋菓子”とでも言いましょうか、日本で発展した洋菓子は、カステラを基本にしているんです。水分を残しながらしっとりと焼く日本風のスポンジを使ったケーキはふわふわとした食感。「マルセラン」のケーキはそのスポンジを活かしながら作るケーキですのでお酒は一切使っていません。こどもからお年寄りまで食べられるケーキなのです」と市川シェフはおっしゃいます。

このミルフィーユも一番下にスポンジを敷いているので、モチッとした不思議な食感。確かに、フランス菓子のパリパリとしたパイのミルフィーユとは違うのですが、カスタードと生クリームと苺がミックスされたこちらのミルフィーユもとっても美味しいのです。「これはこれで好き!」というマルセランのミルフィーユファンが多いというのもうなずけます。


「マルセラン」が長年愛されてきた理由

マルセランのケーキは全体的に大き目。そして、大きい割にお値段もお手頃です。
「住宅街のお店ですので常連さんもご近所の方が多いんです。子どもの頃に食べていたケーキ懐かしいと来店くださるお客様もいらっしゃいます。マルセランのケーキを楽しんで頂ければ嬉しいので、大きさもこんな感じです」と市川シェフ。デコレーションケーキにもフルーツをこれでもか!とばかりにたっぷりと載せてくれます。そんなサービス精神あふれるところも、何十年も地元に愛されてきた理由の一つなのでしょう。


あの懐かしいケーキが!練馬春日町「マルセラン」 懐かしいモンブランケーキ 懐かしい ケーキ

画像をクリックすると拡大します

なつかしいケーキを買って心もほっこり!

「ありがとうございます」と、いつも変わらぬ笑顔と優しさで対応してくれるのは、マルセランの看板でもある奥様。長年通う馴染みのお客様の顔や名前、好みまで知り尽くしているから、お客様から「あのケーキをお願いね!」と言われてもすぐにわかるほど。70代の今でも現役で店頭に立つ奥様の接客は、こちらの頭が下がるほど丁寧で温かいと評判です。

「お客様からプレゼントにお花を頂いたりもするんです。店の前にある花も、母がお客様から頂いたものなんです。先日もマルセランのケーキ写真をフォトブックにしてプレゼントしてくださった方がいらして。本当に有難いことです」と、市川シェフもお母様の接客には一目置いているそう。
懐かしいケーキを買った帰り道、あなたの心もほっこりと温かくなりますよ!

「マルセラン」
練馬区春日町4丁目19-16
定休日  火曜日
営業時間 10:00~20:00
電話  03-3998-5257
FAX   03-3825-8106

なつかしいモンブランケーキ「マルセラン」

懐かしい ケーキ

あの懐かしいケーキが!練馬春日町「マルセラン」懐かしいモンブランケーキ